バナナ畑の栽培品種

「知多ばなな」では現在8つの品種を栽培しています。
その中でも圧倒的に多いのが「万助バナナ」です。これは萬秀フルーツの先代、大崎万助氏が 30年ほど前温室みかんの栽培を始めたときに苗木を植え付けたものです。
今となってはその品種が何であったか辿ることが出来ませんが、それ以降、30年もの間、毎年毎年実り続け、従業員のおやつとして食べられ続けてきました。
その実はキャベンディッシュ種に比べると3分の2ほどと短く、味わいはもっちりとしており十分な甘さがあります。 酸味はあまりなく、木の大きさ等から3尺バナナの系統ではないかと思われます。
この万助バナナの他、奥飛騨バナナ農園さんを中心に各所より苗木を導入し、現在8品種となりました。今後も味が良い品種を中心に導入していく予定です。

*苗木販売について*
今後苗木販売を行っていく予定です。
⇒販売ページ

*お問い合せ。
電話:0569-87-5088
FAX:0569-87-5060
Mail: infograpefruit.co.jp

来園予約
  • 知多半島産の安心ばなな、ひと房丸ごと、バラ売り、苗木売りほか各種販売はじめました。 房まるごと店頭やイベントに飾ると皆驚いて立ち止まります。その場で解体して叩き売りも楽しいですね。品種も沢山、時期は夏と秋が中心です。

    ⇒バナナの販売コーナー

  • なんと『国産バナナのオーナー制度?!』 グレープフルーツオーナー制度の実績を生かしてバナナオーナー制度にもチャレンジしています。
    小さな株の時にバナナ君を選んでどんどん大きくなり、そのうちでっかい蕾が出て来て・・・そして収穫!約1年がかりの体験です。ただでさえ珍しい国産ばなな、しかも『MYバナナ』が所有できるんです。

    ⇒国産バナナオーナー制度

  • 販売だけじゃ・・・『自分はバナナの木が見てみたい!!子供にも見せたい!!』そんなお客様の願いをかなえます。
    H30年4月よりバナナ園見学を開始します。週末はキッチンカーもありちょっとしたカフェも味わっていただけます。

    ⇒バナナ畑見学

  • 『バナナを収穫したい』 そんな野望を名古屋から車で40分でかなえます。
    持ち物不要、体一つあれば大丈夫。会社で、仲間、サークルでバナナを狩に行こう!

    ⇒国産ばなな収穫体験